社会貢献活動

Corporate Social Responsibility

SDGs(持続可能な開発目標)の実現に貢献します

キナンでは、CSR (企業の社会的責任)を企業ミッションとして取り組んできました。2015年にSDGsが提唱され、これまでの取り組みをさらに発展させた積極的な活動でSDGsの実現を目指します。

最近の活動情報 Information

文化/スポーツ振興

地域文化の発展とスポーツの振興に取り組んでいます。
弊社会長の角口賀敏が代表を務めるNPO法人スポーツプロデュース熊野が、地元和歌山県と三重県の熊野地域でUCI(国際自転車競技連合)公認の国際ロードレース / JCL(日本サイクリングリーグ)のプロロードレースツアーである「Tour de 熊野」を開催しています。地域の海・山・川といった素晴らしい自然や古の歴史を多くの人々に伝え、地域の活性化や交流に取り組んでいます。プロ自転車チーム「キナンサイクリングチーム」の運営やコンサートなど文化的イベントの開催などメセナ活動にも力を入れています。

キナンサイクリングチーム

地元の和歌山県、三重県にまたがる熊野地域で毎年行われるUCI(国際自転車競技連合)公認 の国際ロードレース「Tour de 熊野」での優勝とレースイベントの成長を最大の目標とし、それにより熊野地域への貢献、地域活性、スポーツ振興、自転車文化の発展に尽力していきます。

環境への取り組み

脱炭素社会の実現に向けて。
地球温暖化の進行が世界規模の大きな課題となっている現在、脱炭素社会の実現に向けて、太陽光発電をはじめとする再生エネルギーへの転換は極めて大切なミッションです。私たちは、いち早くこうした問題に対し真摯に向き合い、日本各地に太陽光発電所の事業運営に取り組んでいます。2024年には国内24ヶ所の太陽光発電所で38,000世帯分の再生エネルギーを発電・提供いたします。脱炭素社会実現への取り組みは、プロ自転車チーム(ゼロ・エミッション)の運営という所以でもあります。

災害支援活動

災害時にわたしたちができることを、いち早く。
災害発生時には社内に災害対策室を設け、一般社団法人 日本建機レンタル協会との連携や政府への働きかけをおこないます。いち早く被災地へ建設機械や燃料・水などを届け、瓦礫の撤去や家屋の清掃などボランティア活動を行なう全社体制を敷いています。東日本大震災や紀伊半島豪雨では、温浴事業で培ったノウハウを活かした仮設風呂を設置するなど、被災地の状況に即した対応を迅速におこないます。併せて、全国各地の自治体と災害時応援協定を締結し、各地の災害支援にあたります。

グローバルスタンダードの取り組み

ミャンマーキナン事業はじめ、専門技術学校の運営に取り組んでいます。
東西経済の回廊として東南アジアの物流が活発化する際の重要なインフラ整備の貢献に取り組んでいます。ミャンマーキナンでは、安全基準や技術水準などが発展途上の当該地域に日本基準に基づいた安全指導や整備ルールで機械整備を実施および指導し、現場事故の削減や人材開発に力を入れています。こうした技術や知識を学ぶ場として、今後は現地に職業訓練学校の設立を目指し、地域ならではの特色を活かした価値創造で国際貢献に寄与します。

健康への取り組み

安全で安心に過ごすことのできる社会を。
新型ウィルス感染症の脅威以降、ご自身と大切な人たちを守るため、衛生への喚起や安全への配慮の重要性が見直されています。環境やライフスタイルが多様化してきた今日、私たちは、人々が健康で豊かな生活をより安全で安心に過ごすことのできる社会の実現を応援します。そうした想いから、特に新型ウィルス感染拡大時より、マスクの配布や弊社が取り扱う除菌関連商品の提供、レンタル商品への除菌対応を徹底するなど、さらなる人々の快適な社会生活のお役に立てるよう取り組んでいます。